schedule calendar
店舗写真
NRSは、兵庫県西宮市越水町にある
スポーツサイクル専門の自転車屋です。
ロードレーサー,トライアスロンバイク,
ツーリングバイク,シティバイクの販売、
修理。
カーボンホイールやカスタムバイクの
ご相談もお気軽にお問い合わせください。

Neutral Racing Service

〒662-0864
兵庫県西宮市越水町1-2
ニューフタバサンモール内
駐車場有
TEL 0798-22-1988
営業時間 10:00~19:00
定休日:水曜日&木曜日
アクセスマップ
コラム01
インターハイがユース選手の可能性をつぶしている

すべての種目に対して私がそう思っているわけではありません。自転車競技に関してです。

2000年辺りからやっと日本でもジュニアカテゴリーにギア倍数規制レギュレーションが規定されました。
いわゆる、髙体連ギアです。これは、とても重要なことです。

このレギュレーションに伴い、高卒で競輪学校を受験する際にもこの規則が適用されるようになりました。

導入当初、インターハイで継続して好成績を収めている学校の自転車競技部で顧問をしている先生がこんなことを言っていました。
「こんなレギュレーションを採用しているのは日本だけだ。」と言い切ったのです。
受講生は全員納得して聞いていました。

自転車競技には、”常識はルールにならない”と言う不文律があります。ジュニア選手のギアレシオ規制は、世界において常識なのでレギュレーションブックには載っていないのです。
選手がコーチに望む結果とコーチが望む結果は本来は共通しているはずです。それは、選手がより高いピークを長く続けられる選手になることです。
選手がピークに達するまで、そしてそのピークを長く保つための体作りのトレーニングは、丁度高校生の年齢で行うことが最も効果的です。
高校での環境がその選手の競技人生全てを決めてしまうのです。
高校の部活において、インターハイでの成績はコーチの評価に直結します。
そのため、まだまだ発育途中の高校生に負荷の高いトレーニングを強います。結果、低く短いピークで終える選手が多くいます。

事実、インターハイ(ユース)で優勝経験のある選手がアンダー23(U23)でも同じような結果を残している選手は非常に稀です。
同様に、エリートに上がってから活躍している選手もほとんど存在していないのが現状です。
インターハイで結果を残している強豪校の部員数を考えると、エリートカテゴリーまで辿り着く選手の少なさは衝撃的ですらあります。
高卒で競輪学校を受ける選手は仕方ありません。

しかし、世界を目指している選手や、最低でも実業団で勝敗に絡める選手になるためには、インターハイに合わせたトレーニングは選手の潜在能力を奪ってしまいます。
実際に現在活躍しているトップ選手の多くがユースカテゴリーでは目立った成績は残しておらず、U23からエリートにかけて伸びてきた選手がほとんどです。
私は、ユースの選手に成績を求める事はしません。ユースの成績などどうでもいいのです。

重要なのは、U23やエリートで世界に通用する選手を育てていくことなのです。

©2002 Neutral Racing Service  All right reserved.