schedule calendar
店舗写真
NRSは、兵庫県西宮市越水町にある
スポーツサイクル専門の自転車屋です。
ロードレーサー,トライアスロンバイク,
ツーリングバイク,シティバイクの販売、
修理。
カーボンホイールやカスタムバイクの
ご相談もお気軽にお問い合わせください。

Neutral Racing Service

〒662-0864
兵庫県西宮市越水町1-2
ニューフタバサンモール内
駐車場有
TEL 0798-22-1988
営業時間 10:00~19:00
定休日:水曜日&木曜日
アクセスマップ
Column
フィジークのテスト用サドルを利用されたO様

フィジークのテスト用サドルを利用されたO様。

バイクは、ジャイアントTCR ADVANCED SL ISP SUPERENVE®9070

走行中、サドル付近からカタカタと音がすると言う事で洗車オイルアップをかねてご来店。

まずは洗車作業から。

10996060_901540503262326_1065568149419028046_n[1]

(撮影Kinoさん)

細かいところまでやってしまいます。

きれいになったところで、作業スタンドに移して、エアーで水滴を飛ばしてオイルアップ。

その際に、シフトを中心にした動作確認。この作業は、世界中のメカニックの共通作業です。

レース現場では、コンプレッサーを持っているようなチームは、国内ではニッポやシマノ・アンカーさんぐらいなので、洗うだけ洗って食事して自然乾燥を待ってオイルアップ。交換時期の来ているパーツを見極め、マネージャーから承諾をもらえれば交換となります。

予算が潤沢にあるチームなら、怪しいパーツは片っ端から変えていけばいいのですが、そうでないチームは、年間使えるスペアパーツの量が限られていますので、ホイホイ変えるわけには行きません。また、純正パーツが高い場合は、サードパーティーや、イタリア製のパーツなのに、国産のリペアパーツを切って削って合わせて使えとかもあります。ギャラは払うが経費は無いという世界ですので。

 

洗車が終わり、サドル付近からカタカタと音がすると言う事ですので、ISPのヤグラからチェック。ジャイアントのISPのヤグラは、シートマスポストと言う、カットしたフレームのISPに乗っけて(差し込んで)軽く固定するタイプです。

ヤグラに異常はありません。であればサドルと言う事で、チェックするとカーボンのサドルレールと、サドルベース部分からカタカタと音がします。サドルが、寿命のような感じでした。

 

そこで、新しいサドルと言う事で、フィジークのテストサドルを装着しました。

 

フィジークにはスパインコンセプトと言うネーミングのテストサドルがございます。

2015-02-20 17.20.47

基本的に身体の柔軟性に合わせて、前屈の深い順からアリオネ・アンタレス・アリアンテとなっていきます。

スパインコンセプトには、前屈を測る器具もセットとなっております。

いつもお客様にお伝えしているのは、サドルとハンドルは出会いであると。私も選手時代“今年のツールドフランスで優勝した選手が使っていたサドル”と言う事で購入して使うも30㎞も走らないうちに合わないと判断してチームメイトに“三千円でどう?”と言って譲ったりしておりました。

しかし、スパインコンセプトのようなテスト用サドルシステムがあれば、そのような事態は回避できるわけで。

2015-04-25 15.47.39

2015-04-25 15.47.46

で、ロングライドを含む約10日間、試していただいた結果、今まで使っていたサドルよりも、非常にフィットして、走行後に感じていた、坐骨部分の痺れがなくなったと言う事で、前屈から判断して装着したアンタレスR3をお買い上げとなりました。

テストサドルの使用に料金は発生いたしません。

 

サドルを交換した後、シフトの不調を言われていたので、作業台の上で動作チェック。

確かに中間ギヤでシフトが渋いです。

ジャンクションで調整してみたのですが、いまいちサクッとしません。

それならば、e-tubeに繋ぎましょうと言う事で、ラップトップPCにSM-PC1をセットして、9070Di2なTCRに接続してチェックしました。

まずは、エラーチェックから。デバイス同士をつないでいるelectricケーブルの断線も含めた、全てのデバイスの異常をチェック。

チェックの結果、デバイスは正常でした。

ただ、ジャンクション以外のデバイスで(ST・FD・RD・バッテリーマウント)ファームウエアの更新がありました。

 

ファームウエアの更新は、何らかの不具合が合ったり、機能が追加されたときに、シマノから提供されます。

 

ファームを更新して、改めてシフト調整。するとサクサクとシフトするようになりました。

お店の前の道路で乗っていただいて、チェックして頂きましたが問題なし。

 

お帰りになられた後、メールをいただきました。

“帰りの走りではまったく引っかかるところもなく、すごいスムーズに走ることができました。

更新は大事ですね(⌒▽⌒)

またよろしくお願いします。“ 

Di2のe-tubeによるエラーチェックやファームの更新。セッティングの変更は、NRS購入分は、初回無料で、二回目以降¥3000(税別)となっております。

他店購入品も¥3000(税別)でございます。

Di2は、10速の7970(10速デュラ)以降は、全てe-tubeと言うシステムで、SM-PC1をパソコンとバイクに接続することによってエラーチェック・不具合の解消・セッティングの変更などが行えます。

セッティングの変更は、リアですとスイッチを押しっぱなしで一速シフト・二速シフト・三速シフト・無段階シフト。

シフトのスピードは、ベリーslow→slow→Normal→fast→ベリーfastの五つから選ぶことができます。