schedule calendar
店舗写真
NRSは、兵庫県西宮市越水町にある
スポーツサイクル専門の自転車屋です。
ロードレーサー,トライアスロンバイク,
ツーリングバイク,シティバイクの販売、
修理。
カーボンホイールやカスタムバイクの
ご相談もお気軽にお問い合わせください。

Neutral Racing Service

〒662-0864
兵庫県西宮市越水町1-2
ニューフタバサンモール内
駐車場有
TEL 0798-22-1988
営業時間 10:00~19:00
定休日:水曜日&木曜日
アクセスマップ
Column
他店購入品(オークション含む)持ち込み組立に関しての注意喚起

以前からあったのですが、最近続いていますのでサイトにて表題に関してアップいたします。

 

自転車には様々な楽しみ方があります。

 

その一つに自分で自転車を組み立てると言う楽しみ。いわゆるホームメカニック。

 

ロードバイクなんて、単純な(シンプルな)パーツ構成なので六角レンチと少しの専用工具があれば“見た目”は完成車にすることが可能です。

 

私のお店の近くには標高966メートルの 六甲山があります。

 

 ダウンヒルはクロスバイクでも50キロ以上出てしまいます。ロードバイクならその気になれば三桁に近い速度が出ます。

 

そのようなシチュエーションで、組立に不備があると即生命の危険を伴う事故につながります。

 

床の間に飾るバイクや休日のサイクリングロードを軽く流すぐらいであれば、ネットの情報を頼りに必要最低限の工具をそろえて組み立てるのは、プラモデルのように楽しいですし、組みあがった時の達成感も理解できます。

 

そう、プラモデル。

 

プラモデル感覚で、ロードバイクを組み立てると言う行為。

 

 その行為で組み立てられたロードバイクでハイスピードダウンヒルや街中を疾走する行為。

 

それは、自身のみならず他人をも傷つける可能性のある危険な行為なのです。

 

ロードバイクは、工業製品です。軽車両と言う道路交通法で自動車と同じ扱いの車両です。

また、ロードバイクは本来はロードレーサーと言って完全なる競技用車両です。

 2015-02-26 15.31.31

このラピエール。当初のオーダーはシフトワイヤーとブレーキワイヤーのみ。後はお客様自身で行なわれ、バーテープはご自身で巻かれると。

 

ご来店いただくまでに数回メールのやり取りをいたしました。

 

何故かと言うと、少し話がそれますが、自称プロショップと言うのが存在する様で、以前EPSビアンキのトラブルシューティングをしてほしいと言うので、トラブルシューティングはEPSなら¥3000~¥5000とりあえずかかりますとお伝えし。

IMG_1108 (2)

 結果、右エルゴかパワーユニットかその両方かと言うまでトラブルシューティングしました。

 

EPSはパワーユニットに多色発光のLEDがあり(V2ユニットはインターフェースで)、その色でデバイスを判断し、点灯・点滅でそのデバイスの状態を把握できます。

トラブルシューティングを依頼してこられた方はその模様をアイフォンで撮影されていました。

そして、お代金を頂こうとすると(あくまでトラブルシューティングのみなので)来店前と状況は変わっていない。異常があるのは知っていた。お金は払わないと。

 いや、では何故アイフォンで撮影していたのですか?と心の中で思いつつ、お支払いはして頂きますと伝え¥5000頂きました。

ちなみにEPSは、一つのお店でフレーム・BB・チェーン・スプロケットを含めた同時購入で購入店で組み立てた場合でしか2年間のワランティー適用にはなりません。

画像のように、チェーンとクランクをサードパーティーで組んでいる時点でアウトです!

 

このようなことでお金を取るのは商売としてどうなんですか!?とも言われましたが。

”領主書を”と言われたので、”お名前はメールでいただいたものでよろしいですか?”と確認すると”株式会社〇〇インターナショナル”でと。

 

?と思ったのですが、レセプトを印刷しお渡ししました。

 

後で、その社名で検索をかけると芦屋のプロショップと判明。ワランティー対象外のパーツ構成の組み方をされた、ワランティー対象外の流通経路のものを仕入れて、オークションや店頭にて転売しているようです。サイクルスポーツの広告には“芦屋のプロショップ”となっておりました。

こういう事を知らないで、うかつにオークションや自称プロショップで買うとお客様自身の不利益に成るんだと思います。

 

上記のような事が過去何度かあって不快な思いをしていますので、今回のラピエールもご来店前に何度もメールで詳細を確認してからご来店いただきました。

 

持って来て頂いて、まず作業台に乗せて全体のチェックからスタート。いきなりチェーンのルーティングが間違っていて切断して再接続。

 

続いて、”これは何とかなりませんか?”と。シートピラーにサドルをトルクレンチを使って固定しようとしてボルトを折ってしまわれていて。

 

折れたボルトを摘出するにはエキストラクターと言う工具を使います。

 

ただ、それでは作業工賃が発生するのでシマノに確認してピラーのやぐら部分だけを取り寄せる事に。

 

しかし、シマノに確認するとやぐらのみは無いと。ピラーはVIBEのカーボンで二万円以上します。やぐらとチタンボルトだけなら一万円でおつりが来ます。

確かシマノさんは2003年あたりのシマノ鈴鹿国際で、“ネジ一本までリペアパーツをご用意しております!”と幟を立ててアピールしていた記憶があるのですが、、、

 

仕方ないので、エキストラクターによる摘出を試みました。折れたボルトはチタンです。

 

エキストラクターを使うには、折れて埋没しているボルトに下穴を開けなくてはなりません。

 

お店にあるドリルで一番硬いのは超高速度鋼です。折れたボルトのセンターにポンチを撃ってドリルを慎重に垂直に切削剤を付けてトライ。

 

相手はチタンなので超高速度鋼では文字通り歯が立たず。次にコバルトのドリルを入手して再トライ。スッテンコロリンと言うステンレスが豆腐になると言うふざけた名前ですが、非常に優れた切削剤をスプレーして慎重にドリルを使うと切削剤の煙が上がり、何とかエキストラクターが使える下穴をあける事に成功。チタン相手では超高速度鋼では歯が立たず、コバルトで相内と言う事が学べました。

 2015-02-21 14.29.08

そしてエキストラクターをプラハンマーで叩き込みエキストラクトを 試みました。

 

エキストラクターは超高速度鋼。ダメでした。いろいろ調べてトラスコに電話で確認すると”それはエキストラクターが悪いのではないか?当社のなら大丈夫”と。

 

で、トラスコのエキストラクター取り寄せて再トライ。トラスコのエキストラクターも超高速度鋼。やはりだめでした。この辺りからもう、“意地”モードにスイッチが入ってしまっていたようで、スクエアテーパーのエキストラクターを入手して、ショックドライバーでガンガンやるもダメでしたOTZ

 

その旨お客様にお伝えして、代わりのシートピラーはお持ちのモノを流用することに。

 

ボルトが折れた原因は、トルクレンチを使いながら作業をされたそうですが、安価なトルクレンチは5、6回ぐらい使うと特に低トルクで正確な表示が出来なくなります。

 

本来のオーダーのシフト・ブレーキワイヤーの作業に移りました。

ワイヤー類は全て内臓。フレームはエディーメルクスやタクリーノの様にワイヤー内蔵用にフレーム内部にライナーが通っていない所謂“気合・偶然”を用いた作業をしなくてはなりません。

このような作業用の為にこれ

2015-03-05 15.22.20

を発注していたのですが、まだ未入荷で。

 

なんとかワイヤー類を全て通して、ワイヤーを繋いだパーツの調整と動作確認に。

 

フロントブレーキがBR-6810と言う直付けタイプのデュアルピボットブレーキで。

このブレーキは初めてなので、シマノのディーラーズマニュアルで確認しながらの作業。

ブレーキは命にかかわる部分だけに慎重に作業しました。

まず、取付けがグニャグニャです。直付けタイプのデュアルピボットブレーキは、治具を付けた状態でないと、取付けが困難です。治具も発注中で、未入荷。クライアントに連絡入れると、最初に何か付いていたのがあるとの事なので、持ってきていただいて確認すると治具だったので、ブレーキを再組み付け。

 

直付けブレーキのボルトを緩める前に、念のためトルクレンチで測ってみると規定トルク以下でした。

NRSで使用している低トルクで使用する際のトルクレンチは、校正不要のKTCのデジラチェです。

 

フロント直付けブレーキの取り付けが完了したので、次はブレーキシューのセッティング。

何かおかしいです。リムに対して平行にシューを当てているのに上手くセッティングが出来きません。

一旦、ブレーキシューをホルダーごと外してチェック。

すると・・・

2015-02-23 14.23.07

これは、RC55C4のシューを使わないといけないのにRC55C3のシューを間違って使っていたために、シューの抜け防止ボルトが干渉してシューホルダーからシューがはみ出ていた状態でした。

もし全体のチェックをせずに単にシフトワイヤーとブレーキワイヤーだけの取付けだけを行っていたとしたら。

もし、お客様自身でシフトワイヤーとブレーキワイヤーの作業を行っていたら。

そして、組みあがって六甲山のダウンヒルに突入したら、、、

 

恐ろしいですね。RC55C4カーボン用のシューに交換しました。

 

するとブレーキセンターが出ません。アジャストボルトを使ってもダメです。

シマノに確認するとフレームの精度が出ていないか、ホイールのセンターがずれているかのどちらかだと。ホイールはデュラエースカーボンですw

 

ホイールセンターをチェックするとキッチリずれておりました。

2015-02-28 12.33.23

以前持込みのEDOCOはリアのセンターが1センチ豪快にずれていたこともあります。

高価な完組だからと言って、精度が出ているとは限らないという事でしょうか?

 

まだこれでは終わりませんでした。

フロントブレーキを固定して、ヘッドのガタを確認するとガタがあります。

ガタを取るとステアが硬くなります。

中間ぐらいにすると90度ステアすると手ごたえが変わります。

たまにヘッドパーツのベアリングを逆さまに入れられていることがあるので、いったんフォークを抜いて確認。ベアリングは正常でした。

 

フレーム自体は東京のお店で購入されていて、そこではプレスフィットのBBのみ作業してもらい、お客様ご自身で組み立てようと。

ステアリングコラムは、芦屋のちゃんとした自称ではないプロショップ(なんだと思います)でカットされています。

 

このケースは、ステムの平行が出ていないか、フレームの精度が悪いか、ステアリングコラムスペーサーの精度が悪いのか、全てかとこの時点では考えていました。

 

お店にある精度の出ているステムを装着して試すもダメ。スペーサーを変えて見るもダメ。

そうなるとフレームという事になるのですが、このフレームはUCIプロツアー公認フレーム。

UCIプロツアーの選手になると一人最低一年でロードバイクだけで4台。多いと6台とかあてがわれます。

 

4台として一年12か月を4台で割ると三か月。三か月持てば良いという事なのかもしれません。

もしくは、プロ選手なら、少々ガタが出ていても、もしくはステアが硬くてもコントロール出来るのかもしれません。

 

ヘッドのガタが無ければ、バーテープを巻けば完成という事ですが、ヘッドのガタが解消しないので、一旦フレーム購入店である東京のお店に返送することに。

返送すると言ってももう組みあがっている状態なので、簡単には行きません。

そこで、サドルを抜いて前後ホイールを外すだけでパッキングできる甲の段ボールバイクパックを取り寄せて、これを使い発送。三辺合計サイズは240。

東京のお店からは佐川急便以外でと言う指定があり、ヤマト便で送ってくれと。

確かに輸送品質の面ではヤマト運輸はゆうパックと並んで我が国ではトップレベルですが、ネックがあります。

 

また話がそれてしまいますが、NRSのクライアントは北海道から宮古島までおられます。

そのような方には、最終的にはバイクやホイールを発送することになるのですが、数が多いのと、中身が高価なのとオーダーフレームになると作り直すのに時間がかかること。なので輸送事故は避けたいところ。

ただ、数が増えればどうしても輸送事故は一定確率で避けられません。

 

過去過去6年間でヤマト便の輸送事故は4件。佐川急便は1件。

佐川の1件はこれ2015-03-24 09.54.03

が剥がれていた一件のみ。

 

ヤマトは一辺あたり140サイズを超えると、規格のトレイ?的なものに収まらないそうで縦に、そうパイルドライバー状態にして輸送する様で、それによりフロントフォークやバックを壊す事例が発生するようです。

 

東京のお店でフレーム購入と、プレスフィットBBの圧入。芦屋のお店でステアリングコラムのカット。で、NRSでシフトとブレーキワイヤーの作業。

 

確実に東京のお店には送らないといけないので、ここは佐川を選択して、甲の段ボールバイクパックでパッキングして発送。荷物保険は100万円。

中一日で、東京のお店から返送されてきました。

 

お客様に確認すると、何か薄いスペーサー的なものを入れたらガタは取れたと言われたと。

 

薄いスペーサー?この対応は予想はしていたのですが、もしかしてと思い、ストックしているジャイアントのオーバードライブ2用のヘッドセットを取り出して並べてみると確かに0.1㎜厚程度のスペーサーが入っていました。見落としていました。

2015-03-09 10.00.36

この0.1㎜厚程度のスペーサーが何故入っていなかったのか?

2015-03-09 10.00.51

①フレームを販売したお店が入れ忘れた。

②ステアリングコラムのカットをしたお店が入れ忘れた。

のどちらかになります。

NRSが0.1㎜厚程度のスペーサーが入っていないのに気が付かなかったというのもあります。ただ、ベアリングの向きを確認しただけでしたので、今後に向けていい勉強になりました。

 

最終的に、シフトワイヤーとブレーキワイヤーのオーダーで(ワイヤーはデュラのポリマー)フレーム内にワイヤー内蔵用ライナーが通っていないので大体¥20000弱の作業のところ、お客様がNRSでの追加作業・東京のお店への甲の段ボールバイクパックを購入しての発送のコスト。

全て合わせるとほぼ¥40000になりました。

 

NRSにフレームパーツ持込みでの組み立て作業は、パーツ構成に問題がなく、持込みのパーツが全て加工無で¥36000税別~となっております。

 

プラモデル感覚でロードバイクを組み立てると、思わぬコストや危険がある事が皆さんに伝われば幸いです。