schedule calendar
店舗写真
NRSは、兵庫県西宮市越水町にある
スポーツサイクル専門の自転車屋です。
ロードレーサー,トライアスロンバイク,
ツーリングバイク,シティバイクの販売、
修理。
カーボンホイールやカスタムバイクの
ご相談もお気軽にお問い合わせください。

Neutral Racing Service

〒662-0864
兵庫県西宮市越水町1-2
ニューフタバサンモール内
駐車場有
TEL 0798-22-1988
営業時間 10:00~19:00
定休日:水曜日&木曜日
アクセスマップ
機材
アウターワイヤーとインナーワイヤー

 NRSが行なう作業で最も評価されているのがワイヤーラインの調整です。
ディレイラーやブレーキの動作を最適化するためにアウターワイヤーを適切な長さに切り、端末処理を行ったうえでワイヤーラインの調整を行います。
「橋本さんに調整してもらったステージではシフトのシンクロが良かったのに、次の日はダメでした。」と、プロチームの選手から言われた事もあります。
また、「同じパーツをつけているバイクと比べると、NRSで組み立てられたバイクはあらゆるワイヤーラインの操作がスムーズで、ブレーキに至っては、フリクションが感じられない。」などとクライアントから過分な評価を頂くこともあります。
その種明かしを最近になってようやく紹介することが出来るようになりました。
プロの作業の種明かしは”企業秘密”なんていったりして、黙っているべき事なのかも知れませんが、このコンテンツを見て真似をしたい人は遠慮なくトライしてみてください。真似する気にもなれないように思う人が多いと想像し、アップする事にしました。基本的な作業に過ぎないのですが、出来ていないバイクが本当に多いです。

Dura_outer_wire_kakou_mae

上の画像はデュラエースのSLRブレーキケーブルのアウターワイヤーです。
パークツールのワイヤーカッターでズバッと切った状態の切り口です。
通常、完成車として販売されている7部組や9部組みのバイクは殆どこの状態で組み立てられています。
ブレーキケーブルのアウターワイヤーはインナーワイヤーの滑りを良くする③の樹脂製インナーライナーを
スチールのスプラインワイヤで巻き込んで、その上を樹脂の被覆で覆って出来ています。この状態で組みつけても取り合えずブレーキは動作します。
上の画像の①と②の段差は、2ミリあります。
ブレーキを動作させる時、ワイヤーはどのような状態になっているかというと、
ブレーキレバーから入力(インナーワイヤーが引っぱられるが、まだワイヤは動かない)

ブレーキのアウター受けにアウターフェイスが突っ張る

フレームのワイヤー受けにアウターフェイスが突っ張る

ブレーキアーチのワイヤ受けにアウターフェイスが突っ張る

ここでやっと、インナーワイヤが動き出す

レバーからの入力がブレーキに伝わる

ブレーキが動作する
アウターワイヤーのフェイスが処理されていないと、アウターワイヤーの突っ張りに必要な入力やストロークが増えます。

Dura_outer_wire_kakou_go

この画像はワイヤーカッターで切った後、アウターワイヤーのフェイス出し処理をしたものです。
①と②の段差は0.1~0.2ミリです。
この状態にすると、ワイヤーフェイスがフレームのアウター受けやパーツでインナーワイヤーの動きにより
突っ張った時に、アウターワイヤーのフェイス当たり面が処理をしていないワイヤーと比べて少ない入力で
十分なストローク量を得ることが可能になります。ブレーキのレスポンス、タッチともに本来の性能を発揮することが出来ます。
フェイスが出ていないとアウターワイヤーが突っ張る時にしなってしまって、入力の伝達ロスが発生するのです。
また、こういった部分のロスは相乗すると感じています。新品のアウターワイヤーのフェイスは機械加工で
専断されているため、完全にフラットです。しかし、アウターワイヤーは長さ調整のために最低一ヶ所はカットしますよね。2ミリの精度であれば、手元では2の二乗である4mm分のロスが発生します。
最近はリアブレーキのワイヤーがトップチューブ下で一度切れるようになっている(フルアウターでは無い)ので、2ヶ所カットすることになりますね。すると二乗のロスがそれぞれで発生すると思ってください。
0.1ミリの面出し処理のロスを二乗で計算すると・・・。
0.1ミリの二乗+0.1ミリの二乗は、0.02mm分のロス。2ミリの二乗+2ミリの二乗は8mm分のロスになります。
ロードレーサーの構成パーツの一つ一つの組み付け精度が全て相乗の関係にあると感じています。
ちなみに、バイクの組み直しのページに書いていますが、カンパニョーロが全てのグレードで同じワイヤーを採用しているのに対し、シマノはグレードによって細かく違ってきます。SLRケーブルも105とデュラでは
違い、105のワイヤーラインは材質が違うため初期性能の確保に余分な手間がかかるばかりか、初期性能を維持することが可能な期間も短くなります。

©2002 Neutral Racing Service  All right reserved.