schedule calendar
店舗写真
NRSは、兵庫県西宮市越水町にある
スポーツサイクル専門の自転車屋です。
ロードレーサー,トライアスロンバイク,
ツーリングバイク,シティバイクの販売、
修理。
カーボンホイールやカスタムバイクの
ご相談もお気軽にお問い合わせください。

Neutral Racing Service

〒662-0864
兵庫県西宮市越水町1-2
ニューフタバサンモール内
駐車場有
TEL 0798-22-1988
営業時間 10:00~19:00
定休日:水曜日&木曜日
アクセスマップ
トライアスロン考
[トライアスロン考その2]トライアスロンに最適なホイールを考える

トライアスリートは巡航速度の高いホイールを好む傾向にあります。
トライアスリートにとってメジャーなのはハワイで行われるアイアンマンレースでしょう。
そこで使用されるバイクはデファクトスタンダード(基準)としてホビートライアスリートにインプリンティングされています。
もう一方のデファクトスタンダードである、オリンピックディスタンスで競うワールドカップもホビートライアスリートに多大な影響を与えている。
この二つのレースのバイクセクションは、全く違います。真逆と言っていいでしょう。
単に距離が違うだけではありません。
ハワイアイアンマンではコナウインドに吹かれながら、延々と電柱1本無い同じ景色を見続けることになります。果てしなく続く絶望的なストレートです。勾配が変化しても、気がついた時には身体にダメージが蓄積してしまっている。加減速こそ少ないが、ステージを通して見ると意外と登りがあるコースなのです。緩やかなアップダウンが続くストレートコースを走るバイクセクションは180kmに及ぶ。このステージに適したホイールが求められます。地形だけを見ると前後ディスクホイールが正解になりますが、ハワイ特有のコナウインドという横風にステアリングが取られるため、使用が禁止されています。よって、多くの選手が55ミリ前後のリムハイトを持つカーボンディープをチョイスしています。
55ミリハイトのディープリムはリム重量が400グラム前後と重く、慣性モーメントに強く影響されますが、
傾斜やコーナーによって速度が落ちるシチュエーションが無い(速度変化が少ない)ため、一旦巡航速度に達するとそれを維持するだけで良くなります。アップダウンはあるもののキツイ勾配では無い為、リム重量が400グラム前後であればあまり影響は無いといえるでしょう。リムハイトが55ミリもあるとスポーク数も減らす事が可能になり、55ミリのリムハイトと相まって空力的に有利なホイールを組む事ができますね。
しかし、重量400グラム前後でリムハイト55ミリ前後のリムは、リム単体として見た時の強度が弱くなります。そのため、スポークテンションをあまり上げる事が出来ず、レスポンスの悪いホイールとなってしまいます。スピードの加減速の少ないコースでのみ真価を発揮するホイールであるといえるでしょう。
一方、オリンピックディスタンスのバイクセッションは40kmと短いコースを使用します。
また、市街地を利用したコースも多く、コーナーやパイロンターンや高架越えの登などの加減速がロードレースと変わらないレベルで発生しています。ロードレースとはアタックやゴールスプリントがないという違いしかありません。
2006年のワールドカップトライアスロン石垣のバイクセクションを見ていると、トライアスリートの走る様は、ロードレースと何ら変わりがありませんでした。
ロードレースと比べるとコーナーへの進入速度が遅く、集団の密集度も低いのですが、コーナーの立ち上がりや高架越えの登りで速度を維持したり、集団についていくためにダンシングをしていた様はロードレース
そのものでした。ダンシングしない選手も、速度を落とさないためにシッティングでペダルをグイグイ踏み込んでいる様が見て取れました。
使用しているホイールは44ミリハイトが主流で、当時NRSが"StreetFighter"で使用していたADX-1(アルミロープロファイルリム)も見て取れました。宮古島のバイクセクションの展開であれば、剛性の高い"SUPERZIPP"なら抜群のパフォーマンスを発揮したでしょう。現在提供させて頂いている”SUPER ENVE”であれば、圧倒的なパフォーマンスを示すでしょう。
トライアスロンに最適なホイールはコースによって違ってきます。自分の出場するコースに応じたホイールを選ぶことが重要なのです。