schedule calendar
店舗写真
NRSは、兵庫県西宮市越水町にある
スポーツサイクル専門の自転車屋です。
ロードレーサー,トライアスロンバイク,
ツーリングバイク,シティバイクの販売、
修理。
カーボンホイールやカスタムバイクの
ご相談もお気軽にお問い合わせください。

Neutral Racing Service

〒662-0864
兵庫県西宮市越水町1-2
ニューフタバサンモール内
駐車場有
TEL 0798-22-1988
営業時間 10:00~19:00
定休日:水曜日&木曜日
アクセスマップ
トライアスロン考
[トライアスロン考その1]トライアスロンバイクとロードレーサーの違い

kestrel

トライアスロンバイクって何が特別なのでしょう?ロードレーサーとは違うのでしょうか? 
トライアスリートはスイム、バイク、ランと3種目の練習を並行して行わなくてはならないので、一つの種目のみに取り組んでいる選手と比べると、各種目に関わる時間が圧倒的に少ないと言えるでしょう。
しかし、トップレベルのトライアスリートのパフォーマンスは160kmを4時間台で走るものであり、その平均時速は時速40km前後になります。これは、ロードレーサーがレースで出すスピードとほぼ同じものなのです。陸上や水泳からの転向組にしてみれば、レーサーバイクに乗るのは殆ど初めてでしょう。しかし、スイムや陸上で培った身体的パフォーマンスはロードのホビーレーサーが裸足で逃げ出すぐらいのレベルにあります。ともすれば、決して安全とは言えないレースバイクで、いきなり長距離ライドを高速でこなしすことも可能だということです。これは、見方を変えれば非常に危険な状況とも言えるでしょう。
その危険な状況を事を正しく理解せずにバイクを取り扱っているトライアスロン専門店が多いように思います。過去にトライアスロンチームのバイク指南をしていた頃、トライアスロン専門店の組んだバイクを相当数組み直していました。その中には、有名なお店で組み立てられた自転車も含まれていました。
プロフィールにもあるように、現役時代のころ私はトライアスロンチームでバイクに関する相談を受けていました。当時、まだメカニシャンでもなくコーチの勉強などもしていなかったわけですが、私が強調していたことは一つでした。
「とにかく、基本はロードレーサーだから。」
NRSでは、トライアスロンバイクとロードレーサーを同一のものだと考えて整備しています。競技用の自転車といっても、トライアスロンバイク、ロードレーサー、TTバイク、トラックレーサークロスカントリーMTB、ツーリングバイクなど様々な種類の自転車があるのです。しかし、必要なメカニック作業の本質は全て同じだと考えています。走る、曲がる、止まるという基本性能を、具現化する為の方法は一つしか無いのです。
基本的なライディングポジションやパーツのチョイスなどは、ロードのタイムトライアル競技で使用されるTTバイクをベースに考えていきます。他種目からトライアスロンへ転向してくる方が自転車についてあまり知らない事につけこんで、トライアスロンバイクに対して誤解を招く表現をしているお店が多くあるように思います。
トライアスロンで使われるバイクのレギュレーションはUCI(スイス・ジュネーブに本部がある、世界自転車競技連合)の機材レギュレーションをベースに設定されています。つまり、ロードレースで用いる自転車と何ら変わりはありません。フレームの形状やサドル位置に関して、調整幅を多く取ることが出来るか否かというくらいしか無いのです。
ロードレーサーは安全に走る・安全に曲がる・安全に止まるという基本性能を追求した自転車です。私は、ロードレースの現場でメカニシャンとして様々な修羅場や無理難題を経験し、克服し、結果を出してきました。そして、選手時代には解らなかった事をレース現場で経験し、そういった疑問に対して理論的な答えを求める為、コーチングの勉強もしてきました。
ショートディスタンスのトライアスロンに何度か参加しただけなので、私はランニングシューズやウエットスーツに対しては素人レベルの知識しか持ち合わせていません。しかし、バイクに関しては、エキスパートとして日々精進を続けていると自負しています。
トライアスロンバイクを主に扱うお店は数々の都市伝説を創りあげています。貴方のバイクは、本来の走る、曲がる、止まるという基本性能を確保していますか?入門用だからだとか、パーツのグレードが低いからだということを理由にしているのは間違っています。そう説明する人はメカニック失格だと思います。基本的な組みつけと必要最小限の部品を交換してやれば、どんなグレードのパーツもしっかりと動いてくれます。
動かないトライアスロンバイクは初期の組み付けが悪いから動かないのです。
最近のショップは、メーカーから箱に入って届く半分完成した状態のバイクを箱から出して売るだけの小売業と成り果てています。メカニシャンの仕事はいつも真剣勝負。同じように見えるバイクでも圧倒的な差を体感していただけると思います。
メカニシャンのいないトライアスロンショップでトライアスロンバイクを購入するという行為は、ホームセンターでMTBルック車を購入するという行為と同じだと感じているのは、私だけなのでしょうか?